評判のいい家庭教師の探し方と口コミ活用法

評判のいい家庭教師の探し方

勉強が苦手」、「苦手教科を克服したい」、「受験勉強に本腰を入れて取り組みたいが何をどう勉強したらよいのかわからない」・・・勉強に対する悩みが発生したとき、学習塾や家庭教師の利用を考える方はたくさんいらっしゃると思います。

ところが、いざどこかを選ぼうとしたときに、膨大な数の学習塾や家庭教師派遣会社などの中から、一体何を基準に選んだらよいのかわからず、困り果ててしまうことがありますよね。何となく目についたところを選んだら、お子さんに全く合わずに高い費用が無駄になってしまったというケースもよく聞きます。

家庭教師の情報収集はしにくい

特に家庭教師に関しては、学習塾に比べると情報収集がしにくいという事情があります。
学習塾は、街を歩いているだけでたくさんの看板が目に飛び込んできますし、学習塾主催の模試や出版物などで聞いたことがある塾もたくさんありますので、心当たりのあるところに片っ端から問い合わせをして資料を取り寄せれば、おおかたの比較検討は可能です。
しかし、家庭教師は「教室」というものがないので、看板などを目にする機会は少ないですし、家庭教師を付けている友達に話を聞いても「親戚にお願いした」とか「知人の紹介」とか、参考にならないケースも多々あります。

まずはインターネットの口コミ・比較サイトで

「うちの子は塾よりも家庭教師が合うと思うんだけど、どうやって探せばいいのかしら?」・・・もしそんな悩みをお持ちなら、インターネットの口コミサイトや比較サイトが役に立ちます。

まずどんな家庭教師派遣会社や家庭教師紹介会社(家庭教師の紹介のみを請け負い、契約は家庭と教師の直接契約)があるのかを知ることができますし、いろいろな条件のもとで各会社を比較したり、みなさん一人一人の条件に合ったところを探すことができます。

評判のいい家庭教師を選ぶときのポイント

家庭教師を選ぶときのポイントというのは色々あります。まず、何の目的で家庭教師を付けるかという点。

受験対策なのか、学校の授業の補習として使いたいのか、はたまた勉強嫌いをなおしたり苦手科目の克服に使いたいのか等、お子さんによって様々ですよね。

そういった細かい目的別に、ピッタリの家庭教師を派遣(紹介)してもらえるかどうか、相性のよい家庭教師を探せるだけの家庭教師が在籍しているかどうか等は、派遣会社や紹介会社によって異なります。

家庭教師と生徒の相性が成績を左右する

家庭教師と生徒の相性というのも重要なポイントで、これは成績にも影響してくるものなので、決して軽く見てはいけません。

もちろん、家庭教師派遣会社や家庭教師紹介会社のホームページや口コミサイトなどでは、家庭教師一人一人の評判をチェックできるわけではありませんから、こちらの条件を伝えた上で最終的には先方に選択を委ねるということになります。

ですので、できる限り詳しい条件を聞いて最適な家庭教師を選んでくれる所、選べるだけの頭数を握っているところ、そして重要なのが、何かトラブルがあった際にきちんと対応してくれるところ、場合によっては家庭教師の変更などに応じてくれるところを選ぶのがよいでしょう。

家庭教師の料金・費用について

家庭教師の料金・費用に関することも見逃せません。

家庭教師はどうしても学習塾と比べると割高になるケースが多いですし、決して安いとはいえない費用がかかります。
家庭教師にかかる費用については、複数の派遣会社や紹介会社の料金体制を比較検討して、慎重に選ぶことをオススメします。

また、授業料とは別にテキストの費用や交通費などがかかってくる場合もあるので、料金体制を明確に提示しているところを選ぶことが大切です。
授業料以外の費用については、派遣会社や紹介会社に直接確認するほか、口コミサイトなどを見ると利用者目線での生の声を聞くことができます。

家庭教師の質で子どもの将来が左右される

よい家庭教師に出会うことで、勉強嫌いのお子さんが進んで机に向かうようになった、苦手科目を見事克服した、第一志望の学校に合格したという成功談は数多くあります。

お子さんの勉強のパートナーとなる家庭教師。
成績や受験、将来にまで影響してくる可能性のある重要な選択になりますから、できる限りの情報を集め比較検討して、お子さんにピッタリの家庭教師を見つけたいですね。

家庭教師?それとも学習塾?

学習塾に通ったり家庭教師を付けたりして、学校以外のところで勉強を教わるというのは、今の日本では珍しくないことですが、学習塾と家庭教師のどちらがより多く利用されているかというと、現在のところは学習塾に軍配が上がるでしょう。

しかし、家庭教師には根強い人気があり、塾から家庭教師にシフトしたり、塾に通っていながら家庭教師も付けるというケースも多いという事実があるのをご存知ですか?家庭教師を選ぶことのメリットとはどんなことなのでしょうか?

家庭教師の最大のメリットは先生が自宅に来てくれること

家庭教師の最大のメリットといえば、先生が自宅に来てくれるので通う必要がないということです。
受験勉強で1分1秒が惜しいという子や、部活動などで忙しく塾に通うのが難しいという子でも、自宅で学ぶ家庭教師なら無理なく勉強の時間を設けることができます。塾ではその日の講義が一度きりであるのに対し、家庭教師なら「振り替え授業」などの制度が利用できるので、時間の融通がつきやすく、自分のペースで勉強できますね。

家庭教師はマンツーマン指導でわかるまで、何度でも

家庭教師との勉強はマンツーマンですので、質問がしやすいというメリットがあります。塾では質問がしにくいという子もいますし、質問できたとしても同じ質問はそう何度もできませんよね。

それで結局わからないところがそのままになってしまう場合もあるのですが、家庭教師なら「わかるまで」「何度でも」徹底的に質問して、理解を深めることができるのです。
カリキュラムを柔軟に決められるというのも魅力です。

家庭教師には決まったカリキュラムというものがないので、苦手なところを重点的勉強するのはもちろん、学校の予習復習、宿題でわからないところを聞くことだってできます。塾でわからなかった問題を家庭教師と勉強する子も多いようですね。

家庭教師の力が特に発揮されるであろうケース

家庭教師は、自宅で勉強する、先生とマンツーマンで勉強する、目的に合わせて最適な指導を受けられるという特性から、学習塾にはない成果を期待することができます。
家庭教師の力が特に発揮されるケースについて考えてみましょう。

まず、家庭教師は「勉強が嫌い」な子や、「勉強する習慣がない」という子に向きます。勉強が嫌いな理由は様々ですが、多く見られるのは「勉強がつまらない」「勉強がわからない」というようなケースですよね。

学習塾では、授業を真面目に聞く、課題をきちんとこなすなどの自主性が最初から求められるのですが、家庭教師は「勉強に対する壁を取り除く」ところから始めて、「まずはやる気を出す」ことを目標に、じっくりとステップアップしていくことができます。

苦手科目の克服にも家庭教師は最適

苦手教科を克服したいという子にも家庭教師は最適です。全体的にはまずまずのレベルなのに、特定の教科だけ極端に苦手だという子は意外と多いですよね。

数学が苦手とか英語が苦手とか、線引きがはっきりしているのであれば、学習塾でもその教科だけ基礎のクラスで勉強するなど対応ができるのですが、「数学の関数が苦手」とか、特定教科の一部が苦手である場合などは、やはり家庭教師と徹底的に勉強することが大きな助けになるでしょう。

学校や塾では集中できても、自宅ではできない

学校や塾ではそれなりに真面目に授業を受けられるけど、自宅ではどうしても集中力が続かないという子にも、家庭教師はオススメです。

「自宅で勉強できないなら塾の方がよいのでは?」と思われるかもしれませんが、自宅で集中して勉強する力を付けておくのは、先々のためにも非常に大切なことです。

決められた時間、家庭教師と勉強することで学習習慣が身に付く

週に1回でも決められた時間、家庭教師と一緒に自分の机に向かうことで、自宅でも集中して勉強できるようになったという子は多いんですよ。

「うちの子にはもしかしたら塾よりも家庭教師が向いているかもしれない。」
「夜遅くに塾に通わせるより自宅に来てくれる家庭教師の方が安心ね。」
「塾に通っているけど、遅れがちな勉強を家庭教師にみてもらおうかしら?」

様々な理由で、お子さんに家庭教師をと考えている方がいらっしゃると思います。

評判のよい家庭教師の探し方

しかし、どうやって家庭教師を探したらよいのかイマイチわからない、よい家庭教師を見つけたいという方のために、家庭教師の探し方についてのお話をしたいと思います。

実際に家庭教師を利用しているという方に話を聞いてみると、家庭教師は「家庭教師派遣会社から派遣してもらった」というケースと、「親戚や知り合いの方に個人的にお願いした」というケースに分かれると思います。探し方はどちらでも構わないのですが、「お子さんにとってよい家庭教師であるかどうか」は重要です。

家庭教師を探すときのポイント

家庭教師を探すときのポイントは、まずお子さんの目的に合っている家庭教師であるかどうかを判断材料にしてください。

例えば、中学受験対策をしたいのに、中学受験の指導経験も中学受験をした経験もない家庭教師では、あまりにも心細すぎます。

受験対策が目的なら、受験指導の経験やノウハウを豊富に持っている家庭教師がよいということは言うまでもありません。勉強嫌いのお子さんに勉強をさせたいのであれば、生徒の心を掴むのが上手な家庭教師がよいでしょう。

家庭教師を口コミで選ぶことは難しい

家庭教師は学習塾と比べて、教師一人一人の評判を口コミ情報などから探すのは難しいのが現実です。

個人的にお願いするのであれば、事前によく話し合ってお子さんの目的と合致した先生であるかを判断するようにしてください。

家庭教師派遣会社に依頼するのであれば、派遣会社の評判や口コミ情報を集めることで、「ここにお願いすれば大丈夫そうだな」という所が見えてきますので、よくリサーチして依頼しましょう。

家庭教師業界のNO1、家庭教師のトライなどは長年の実績もあり、さまざまなタイプの家庭教師が存在しています。
家庭教師がどういうものなのかを知る意味では、まずはこの会社に無料資料請求してみることをおすすめします。

家庭教師と生徒の相性について

教師と生徒の「相性」について、みなさんはどれくらい重要視していますか?

成績が上がらないとか特定の教科が苦手だという場合に、子供に話を聞いてみると、「先生が嫌いだから勉強が楽しくない」という答えが返ってくることがあります。

それを聞いて大人はつい「子供のわがままだ」と思ってしまうのですが、実は先生との相性というのは成績に対する大きな影響力を持った、非常に重要なポイントなのです。

先生との相性で成績の良し悪しが決まる

ひとつ実例を挙げましょう。中学生まではこれといった不得意科目がなかったという生徒が、高校に入った途端、数学だけ苦手になってしまいました。

しかし不思議なことに、高校2年生になったら、赤点ぎりぎりまで落ち込んでいた数学の成績が盛り返し、半年くらいで他教科と足並みを揃えました。

原因は何だったのかというと、「1年生のときの数学の先生が苦手だった」ということ。
悪い先生ではなかったそうなのですが、授業が何となく聞きづらく、質問もしにくい先生だったということでした。

相性のよい先生と出会うことの大切さ

教師と生徒の相性というのは様々です。仮に同じ先生が相手でも「合う」と思う子と「合わない」と思う子がいます。
家庭教師の場合、相性のよい先生と出会えるかどうかも勿論大切なのですが、「もし合わなかったときに変更ができるか」というのも大切です。

家庭教師派遣会社の対応をよく調べておくことが重要

家庭教師派遣会社では、家庭教師の変更についての相談に応じてくれる所がほとんどだと思いますが、対応の良し悪しなどはやはり各所で変わってきますし、登録している家庭教師が少なければ、かわりの先生が見つからないこともあります。

そのあたりの事情に関しては、事が起こるまでわからない部分もありますから、事前に口コミ情報で派遣会社の評判などをチェックしておくようにしましょう。

最初の派遣の段階でお子さんの性格や苦手科目などをよく伺い、お子さんに合った家庭教師を探してくれるところは高ポイントですね。

受験対策としての家庭教師

学習塾にしても家庭教師にしても、学校以外の勉強の場を求める一番の動機といえば、やはり「受験対策」だと思います。

今は中学校入学や高校入学を機に、塾通いを始めたり家庭教師を付けたりする子もたくさんいますが、やはり受験生になるからと塾や家庭教師を考えるケースが多いと思います。事実、学習塾などでは3年生の生徒数が抜群に多いですよね。

受験対策は学習塾だけのものではない!

受験対策となると、「○○校合格××名!」と高らかに謳っている進学塾で勉強するのが最も心強いように感じる方も多いと思いますが、受験対策こそ家庭教師と共に・・・という選択をする方がたくさんいるのをご存知ですか?

特に中学受験をする子は、家庭教師を付けている子、あるいは進学塾に通っていながら家庭教師も併用している子が非常に多いということがよく知られています。

家庭教師と一緒に苦手分野をきちんとつぶしておくことの重要性

家庭教師とじっくり勉強することは、とにかく苦手の克服や、わからないところを初歩からしっかり理解することに向きますので、受験対策にはピッタリなのです。
苦手分野を騙し騙しやり過ごしていても、どこかでしわ寄せが来てしまいます。

複合問題の1番で苦手にぶつかってしまうと、その後の問題もごっそり諦めなければならない事態になってしまいます。

家庭教師は、目的に合わせてカリキュラムを自由に組めるという柔軟性から、かえって明確なゴールがある受験対策には心もとないと感じるかもしれませんが、受験対策専門のプロ家庭教師もいますし、大手家庭教師派遣会社などでは進学塾に負けないくらいの情報量と指導ノウハウを持っているところもありますので、安心して利用できると思いますよ。

家庭教師のデメリットは、料金・費用の高さ

家庭教師のデメリットの一つに挙げられるのが、「費用」の問題です。自宅に先生を招く「家庭教師」は、残念ながら学習塾と比べると授業料が高くつくことの方が多いというのが現実です。

しかし、1対1でじっくり教えてもらえる、自分のペースで勉強できる、時間の融通がききやすいなど、多数のメリットがあるため、学習塾より費用がかかっても家庭教師を選びたいという親御さんやお子さんが大勢います。

家庭教師の料金・費用についてはマチマチ

家庭教師にかかる費用については、口コミサイトや比較サイトなどをもとに、複数の家庭教師派遣会社や家庭教師紹介会社(紹介のみ会社が請け負い、契約は教師と直接契約というパターン)を比較してみることをオススメします。

「相場」を知っておくことは取捨選択のためにも必要なことですし、直接契約を結ぶ際などに料金設定の目安にもなります。

大手派遣会社であれば、しっかりした料金体系

家庭教師派遣会社を利用する場合は、ほとんどの場合料金設定に関するしっかりとした規定がありますので、よく確認するようにしてください。

比較検討の段階で、料金システムについての資料を複数のところから取り寄せてみるとよいでしょう。

まずは、大手の家庭教師派遣会社、家庭教師のトライがオススメです。
高いにせよ、安いにせよ、「いくらくらいなのか?」という基準を知っておくことが大切ですし、その意味では、大手の家庭教師派遣会社がぴったりですね。

資料請求は無料ですので、まずは問い合わせをしてみては?

家庭教師のトライ
→ 家庭教師のトライに資料請求をする

また、料金が安いというだけで選ぶのではなく、「料金体系が明確であるかどうか」「対応がよいかどうか」などにも注目するようにしてください。授業料のほかに、交通費やテキスト代がかかるケースも多いので要チェックです。

紹介会社を介さない家庭教師の契約はトラブルに注意

紹介会社を通じて直接契約を結ぶ場合や、個人的に親戚や知人の方にお願いする場合には、後々のトラブルを避けるためにも、時給や契約期間だけを確認するのではなく、遅刻欠席時の対応や振り替え授業に関する内容など、見落としがちな部分を最初にしっかりと決めておくようにしてください。

家庭教師の評判・口コミ情報は信用できる?

日本におけるインターネット普及率は90パーセント近くに及び、今は何を買うにも、どこに行くにも、「口コミサイトなどで事前にリサーチをしてから!」方という方が増えていますね。

家庭教師に関しても、インターネットで検索すればたくさんの口コミサイトや比較サイトがHITして、身近に利用者がいなくても膨大な量の情報を仕入れることができます。

ネットで完全な情報がそろうわけがない

では、本当によい家庭教師をインターネットの口コミや評判だけで選べるのかというと、それはどうしても「完全ではない」と言わざるを得ません。

ネット上には家庭教師一人一人の評判が載っているわけではありませんので、どんなに評判のよいルートを使って家庭教師を派遣(もしくは紹介)してもらったとしても、お子さんには合わなかった、期待と違う先生が来たということは、あり得ることなのです。

期待通りでなかったときに対策をしてくれるか?

そうした問題が起こらないようにできる限りの対策をしてくれるかどうか、問題が起こったときに誠意ある対応をしてくれるかどうかというのは、口コミ情報などでも知ることができますよね。

学習塾でも同じことですが、家庭教師を見付けさえすればそれで安心というわけではありませんので、カウンセリングやアフターフォローをしっかりしてくれる所に依頼するのがよいでしょう。

家庭教師とのコミニケーションは密に!

また、相手方に全てを委ねるのではなく、何か問題を発見したらその都度、家庭教師とよく相談していくことが大切です。

お子さんによっては、思っていてることをなかなか言えない、不安なことがあっても一人で抱えてしまうという子もいますので、親御さんと家庭教師がしっかりコミュニケーションをとって、問題が小さいうちに解決していくことが望ましいと思います。