中学生向け家庭教師は中学生のパートナーになってくれる

中学生向け家庭教師は中学生のパートナー

中学校にあがると、勉強の内容が難しくなり、定期テストで順位が付くようになり、高校受験に向けて「偏差値」なども気にするようになって、勉強という存在がズッシリと重みを増してきます。

お子さんが中学生になったのをきっかけに、学習塾や家庭教師といった、学校以外の勉強場所を検討される親御さんも多いことと思います。子供たち自身も少なからず勉強というものを強く意識し始めますし、周囲に学習塾に通っている友達が増えてくると、「僕も(私も)塾に行ってみようかな」なんて、自分から言い出したりもするものです。

過半数の中学生が学習塾に通っている!?

現在の日本では、実に過半数の中学生が学習塾に通っているという調査結果も出ています。

それどころか、中学受験をする子なら小学校のうちから塾通いをするのが当たり前のようになっていますし、受験はしないけど塾に通っているという子もたくさんいますよね。

今や塾通いはごく一般的なこと。これまで塾に通っていなかったとしても、勉強が難しくなる中学校への入学をきっかけに、「塾に通う」という選択をする方も多いと思います。

塾嫌いの子どもや、夜間の子どもの外出は心配

しかしその一方で、塾には行きたくないという子供たちや、夜間の行き帰りの道のりを考えると塾に通わせるのは心配だという親御さんが多いのも事実です。

一旦は塾に通ったものの、どうしても負担が大きかったり、授業についていけない、成績が思うようにあがらないなど、思ったように成果が得られずに辞めてしまう子もいます。通っている塾が合わずに、複数の学習塾を転々としているお子さんの話も聞いたことがあります。

中学生こそ、家庭教師をつけてみては?

そんな悩みを持った中学生にオススメなのが「家庭教師」です。家庭教師というと、いかにも教育熱心な家庭で利用されているようなイメージがありますが、実際はそういうことでもありません。

塾通いが負担である、部活動をしているので塾に通う時間がない、塾で講義を受けるよりも自宅で家庭教師と1対1で勉強する方が性に合っているといったような、どんなお子さんにも考えられる素朴な理由で、あえて家庭教師を選んでいるというケースも少なくないのです。

家庭教師のメリットは通う負担がない

家庭教師のいいところは、まず先生が自宅に来てくれるので通う負担がないことです。振り替え授業などを行っている場合が多いので、部活動で忙しく勉強に確保できる時間が不規則だという子にも向いていますね。

また、マンツーマンで指導を行うので質問がしやすく、わからないところを徹底的に、何度でも教わることができることから、苦手科目がある子、勉強が不得意な子にもオススメです。

決まったカリキュラムがないので、子どもにあった学習法

決まったカリキュラムというものがないので、学校の授業の予習復習、テスト対策はもちろん、市販の問題集や参考書を利用したり、宿題でわからないところを家庭教師に教わることだってできるわけです。

塾と家庭教師を併用して、塾でわからなかったところを家庭教師と一緒に復習しているという子も多いようですね。

思春期の中学生の繊細なメンタルをサポート

特に中学生向け家庭教師ということになると、中学生ならではの繊細なメンタル面をサポートしたり、高校受験に向けての指導もしっかりと行ってくれるので、「自宅が学習塾になる」というイメージを持っていただいても差し支えないと思います。

学習塾に比べて受験などに関する情報の少なさを懸念される親御さんもいるようですが、大手の家庭教師派遣会社ですと、学習塾並の情報と独自の対策を持っているところも珍しくありません。

中学生のよきパートナーになってくれる家庭教師

中学生という時期の子供たちには、勉強が大切なのはもちろんのことですが、部活動や趣味、学校生活における諸々の事柄を、思いっきり楽しむことも大切です。
だからこそ、効率よく勉強をこなし、部活動などと両立できるだけの余裕を持つことが重要になります。

そのための良きパートナーが、中学生向け家庭教師です。

お子さんの個性やライフスタイル、苦手科目や志望校に合わせて、お子さん一人一人のためだけの学習塾になってくれるのが、中学生向け家庭教師なのです。

小学生までと勉強ががらりと変わる中学生の勉強

小学校までは学校の授業を真面目に聞いて宿題をこなすだけで勉強についていけていたのに、中学校になると学習する内容が難しくなり、焦りを感じる子がたくさんいます。

私自身にも経験があるのですが、内容が難しくなったことに加え、テストで順位が付いたり、高校受験を意識したりして、小学校の時とは比べものにならないほど、「勉強」の存在が重くのしかかってきたように思います。

変わりつつあるとはいえ、まだ日本は学歴社会

学歴偏重主義に疑問が投げかけられるようになって久しい日本ですが、学歴社会はまだ続いています。

表向きは「学歴や出身校は問わない」という名目で採用活動をしている企業でも、蓋を開けてみれば○○大学出身の新入社員がわんさかいるとか、出身校はともかく「4年制大学卒」など一定以上の学歴がないとエントリーすらできない企業や、挑戦できない資格なども多々あります。

中学時代の勉強が将来を決める可能性

中学生のうちにしっかりと勉強しておくことは、その後の進学、ひいては就職といった将来のために、大変重要なことです。
成績や学歴が人間の価値を決めるようなことは無いのですが、勉強していた方があらゆる「可能性」がひらけてくるという事実は否定できません。

中学生の勉強に対する意識は高いが、時間が足りない!

実際、子供たちや親たちの「勉強」に対する意識は高く、現在の日本では中学生の過半数が学習塾に通っているといいます。

しかし、中学生という時期は、部活動や学校生活のあらゆることが楽しいときでもあるので、うまくバランスを取りながらこなしていく必要があります。闇雲に勉強して全ての時間を勉強につぎこむよりも、「効率よく勉強すること」が求められてくるのです。

学習塾や家庭教師など、学校以外での勉強の場について

昨今の日本では、中学生や高校生のみならず小学生までもが、「学習塾」や「家庭教師」といった、「学校以外の勉強の場」を求めている傾向にありますよね。

受験のことを考えると学校の勉強だけでは心もとない、対応できないというケースや、勉強の遅れを取り戻したり、苦手科目を克服するために、学習塾や家庭教師を利用しているという子が多いようです。

学習塾の中学生にとってのメリットとデメリット

学習塾の良さというのは、多くの情報が入ってくることや、学習塾主催の模試などを頻繁に受けて自分の学力をチェックできること等に加え、周囲に仲間がたくさんいることでモチベーションがあがること、学校外の友人ができることも大きな魅力です。

ただ、学習塾は「通わなければならない」というデメリットがあります。夏休みなどの長期休暇中以外は、学校が終わった後、場合によっては部活動が終わった後に通うことになるので、どうしても夜ということになってしまい、親御さんとしても心配ですし、お子さん自身にも負担になることがあります。

家庭教師の中学生にとってのメリットとデメリット

一方、家庭教師のメリットは、まず「通わなくても先生が家に来てくれる」ので、夜遅くに外を歩くことに対する心配や、通う道のりの負担がありませんね。

また、決まったカリキュラムというものがなく、お子さんのペースにあわせて勉強ができるので、苦手を克服したり学校の勉強を補ったりするのにも向いているでしょう。

家庭教師のデメリットには、よく受験などに関する情報量の少なさが挙げられますが、大手の家庭教師派遣会社などでは学習塾に匹敵する情報や対策を握っていることも多いので、自分から積極的に情報収集をするとよいでしょう。

家庭教師だからこそ、じっくり質問ができる

さて、ここからは特に「中学生向け家庭教師」についてお話をしていきたいと思います。
学習塾や通信教育など、家庭教師以外にも学校以外の勉強の場は色々とありますが、家庭教師だからできることとは一体何でしょうか?

家庭教師の一番の強みと言えば、マンツーマンでじっくりと勉強できることです
。学校や塾ではわからないことがあっても質問をしにくかったり、授業についていけないといったことも起こり得るのですが、家庭教師なら質問しやすいのはもちろん、わかるまでじっくりと教えてもらうことができますよね。

個別指導よりも、家庭教師のほが融通は利く

最近では学習塾でも授業形式ではなく「個別指導」といってマンツーマンや1対2といった形で指導を行っているところがありますが、家庭教師との差異を挙げるとすれば、まず家庭教師の方が学習内容の融通がききやすいという点があります。

決まったカリキュラムがないので、学校の授業を予習復習したり、宿題をしたり、学習塾と併用して塾の課題や予習を家庭教師とこなしているという子もいます。

中学生向け家庭教師はプロ家庭教師!?

特に中学生向け家庭教師ということになると、高校受験に向けて科目や志望校別のスペシャリストが居たり、部活動に打ち込むお子さんのために、「振り替え授業」などを行って、お子さんのライフスタイルに柔軟に対応できるシステムを設けているケースも多いです。

さらに、中学生という繊細な時期にある子供たちのメンタル面もしっかりサポートするための指導スキルを持った中学生向け家庭教師もたくさんいます。
不登校のお子さんにも安心して勉強していただけるようなプロ家庭教師も充実しているようですね。

中学校の部活動で子どもが学ぶことは数多くある

中学生になると部活動に入って熱心に打ち込む子が多いですよね。「うちの子は部活ばっかりして全く勉強しない」と嘆いている親御さんも多いと思います。

学生の本分は勉強。それは確かにそうなのですが、だからといって部活動をやめさせて勉強だけをさせるというのは、中学生には大変酷なことです。
部活動から学ぶものは多く、それは人生の糧になるからです。

部活動と勉強の両立は、果たしてできるのか?

ではどうすればよいかというと、「部活動と勉強の両立」を目指す、この一言に尽きます。
理想論のように思われるかもしれませんが、部活動と勉強を立派に両立して、志望校に合格したという子はたくさんいますし、部活動があるからこそ勉強もがんばれる、部活動で精神を鍛えたから引退後の受験勉強にも集中できたという子もたくさんいます。

しかし、部活動をしていると、自宅での学習時間がなかなか確保できなかったり、学習塾に通うのが困難だったりします。日が沈んでから部活動が終わってクタクタに疲れているのに、塾に通うというのは大変なことです。

帰宅しても、何となくダラダラと過ごしてしまい、夕飯を食べてお風呂に入ったらベッドに直行してしまうという子もいるでしょう。

家に来てもらって、勉強する時間を持つことで学習習慣をつける

そんなときこそ、「家庭教師」の出番です。家庭教師はまず通う負担がありませんし、多くの場合「振り替え授業」などで時間の融通がきくので、部活動との両立をしたい子にはオススメです。

週に1度でも家庭教師が自宅に来て「勉強する時間」を持つことで、自宅学習の習慣が付いたという子も多いんですよ。

プロ家庭教師と呼ばれる家庭教師たちについて

みなさんは「プロ家庭教師」ってご存知ですか?インターネットや家庭教師派遣会社を通じて家庭教師を探されたことのある方は、一度は見聞きしたことがあるのではないかと思います。

プロ家庭教師とは、大体がまず大学生アルバイトの家庭教師ではなく、家庭教師を本職とする専業家庭教師で、科目や志望校などによって「その道のスペシャリスト」である家庭教師のことを「プロ家庭教師」と呼んでいます。

受験対策や苦手科目克服だけでなく、生徒のメンタルケアなどにも優れ、勉強嫌いの克服、集中力の強化、やる気のない子をやる気にさせるなど、プロと呼ぶにふさわしい指導力を持っています。

学生のアルバイトよりも、プロ家庭教師にお願いすべき?

こうしてプロ家庭教師の特徴を見てみると、「やっぱり学生の家庭教師よりもプロ家庭教師をお願いするべきなのかしら?」と思われるかもしれませんが、一概にそういうわけでもありません。

まずプロ家庭教師は、学生家庭教師をお願いするよりも、高い費用がかかることが多いですし、年齢の近い学生家庭教師の方が打ち解けやすく質問などがしやすいという子もいます。

中学生のお子さんに一番適した家庭教師選び

中学生向け家庭教師はプロ家庭教師がよいか、それとも学生家庭教師がよいかというのは、お子さんの性格や家庭教師を付ける目的によって変わってきます。派遣会社を通じて家庭教師を探す場合は、最初の段階で色々と相談に乗ってもらえますので、よく考えてお子さんにピッタリの家庭教師を選べばよいと思います。

高校受験と中学生向けの家庭教師

中学生の最大の試練といえば、「高校受験」ですよね。最近は中学校入学時に受験をして中高一貫校に通っているという子も多いですが、まだまだ中学受験人口よりも高校受験人口の方が多い世の中です。

地域によっては、中学受験自体が珍しいという所も多いですよね。

高校受験という試練に立ち向かうにあたって、学校と自宅学習で済めばそれに越したことはないのですが、どうしても自力で勉強するだけでは目標達成が難しいというケースがあります。

苦手科目がある、効率のよい勉強法を掴めない等は、その最たる例でしょう。そこで、みなさん学習塾に通ったり、家庭教師を付けたりするわけです。

高校受験のための中学生向け家庭教師

中学生向け家庭教師は、やはりこの「高校受験」を最終目標として、しっかりと指導を行うことになります。
しかも、過去問などの演習を重ねるだけではなく、生徒にやる気を出させる、勉強する習慣を付ける、集中力を強化するといった、「勉強に対する姿勢作り」の部分から、じっくりとステップアップしていけるのが強みです。

受験勉強は自分との戦い。だから、サポートが重要

受験勉強は自分との戦い。それは非常に心細いものですが、信頼できる家庭教師が側にいれば、不安をその都度解消しながら落ち着いて勉強に取り組むことができるので、お子さんのメンタル面の安定にも大変役に立ちます。

学校の先生や塾の先生、親御さんでもケアできない部分を家庭教師が補ってくれるので、高校受験のパートナーとして非常に心強いですね。

家庭教師の見つけ方

高校受験に向けて、勉強が嫌いな子にやる気を出させるため、苦手科目を克服するため・・・そういった様々な理由で、「家庭教師をお願いしてみようかしら?」と考えている方はたくさんいらっしゃいますよね。でも、家庭教師って一体どうやって探したらよいのか、戸惑っている方も少なくないのではないでしょうか?

街中に看板が立ち並び、教室があちこちに点在する学習塾と比べて、家庭教師というのは情報も少なく探しにくいものです。家庭教師を付けているお友達に話を聞いても、「親戚のお兄さんにお願いしたよ!」とか、「知人に大学生を紹介してもらったの」といったケースも多く、あまり参考になりません。

まずは大手家庭教師派遣会社に問い合わせを

そんなときは、家庭教師派遣会社に問い合わせをしてみましょう。
派遣会社であれば、お子さんが家庭教師を付ける目的や、志望校や苦手科目などによって、ピッタリの中学生向け家庭教師を紹介してくれます。

受験に関する情報やバックアップ、万が一先生との相性が合わなかった場合の対応などもしっかりしているので、安心して依頼することができます。

大手どころだと、家庭教師のトライなどはいつも面白いCMをしていますし、インターネット上で資料請求も無料でできますので、一度問い合わせてみてはいかがでしょう?

家庭教師のトライ
→ 家庭教師のトライに無料資料請求をする

親戚や知人を探す場合は、適した人物を慎重に

親戚や知人の方に家庭教師をお願いする場合には、「中学生の子供に勉強を教えてくれる人なら誰でもいい」というのではなく、お子さんの目的にあった指導が受けられるかをしっかり吟味するようにしてください。

例えばお子さんが高校受験をするのに先生に高校受験経験がなかったり、お子さんは数学が苦手なのに先生の専門は英語だったりすると、効率のよい学習ができるとは考えにくいからです。

大切なお子さんの勉強のパートナー、お子さんの個性や目標、ライフスタイルにピッタリの中学生向け家庭教師が見つかるといいですね。