プロ家庭教師は普通の家庭教師とどこが違うのか

プロ家庭教師

今の日本では、受験のため、また受験でなくとも学校での勉強を補うために、学習塾や家庭教師を利用している子が増えていますね。

昔は、塾に通っている子、家庭教師を付けている子が周囲にいたら、「勉強熱心だなあ」「まじめだなあ」なんて言われていたものですが、今は特に珍しいことではありません。

特に勉強に困っているとか、受験などの大きな目標が目の前に迫っているというわけではなくても、入学や進学を機に、こうした「学校以外の学習の場」を求める方は少なくありません。

学習塾か家庭教師かという選択肢

学校以外に学習の場をと考えたとき、まずは学習塾か家庭教師かという選択肢があるのですが、これは双方にそれぞれのメリットがありますね。

学習塾ですと、周囲にたくさんの仲間がいるのでモチベーションが上がったり、受験などに関する情報を入手しやすかったりします。

一方、家庭教師は何といっても「先生が自宅まで来てくれる」ので、通う負担がなく親御さんも安心でき、自宅で勉強をする習慣が付きやすいというメリットがあります。

また、1対1でじっくりと教えてもらうことができるので、苦手科目の克服や勉強の遅れを取り戻すためにも有効ですね。受験を控えたお子さんですと、学習塾と家庭教師の両方を利用しているというケースも多いようです。

家庭教師の中の、「プロ家庭教師」という存在

さて、ここでは「家庭教師」、特に「プロ家庭教師」についてお話をしていきたいと思っています。

家庭教師についてインターネットで調べたり、家庭教師派遣会社に問い合わせをして話を聞いてみると、「プロ家庭教師」という言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあります。

何やら普通の家庭教師とは一線を画す響きの「プロ家庭教師」とは、一体どのような家庭教師のことを言うのでしょうか?

各業者ごとにプロ家庭教師の定義は異なるが・・・

プロ家庭教師の定義は、様々な家庭教師派遣会社や情報源によって微妙に異なっています。

多くの場合はまず第一の前提として、プロ家庭教師は大学生のアルバイト家庭教師ではなく、家庭教師業を本職としている「専業家庭教師」であり、なおかつ単に専業家庭教師というだけでなく、科目別、目的別、受験の場合は志校別などに、その道のプロフェッショナルと呼べる指導スキルを持った家庭教師のことを、「プロ家庭教師」と呼んでいることが多いようですね。

プロ家庭教師の強み

プロ家庭教師の強みは、やはり経験や実績に裏付けされた高い指導力であり、その力が発揮される場は、難関校の受験対策などに留まるものではありません。

例えば、勉強が嫌いでやる気がない、集中力に欠ける、苦手科目があるなどといった場合にも、「プロ」ならではの指導力で子供のやる気を引き出したり、苦手科目を得意科目に導いたりと、実に様々な活躍が期待され、また実現されています。

プロ家庭教師は、学習指導だけでなく、子供のメンタル面のケアや、モチベーションUPという分野においても、やはり「プロ」と呼べる実力を持っているのです。

受験対策にプロ家庭教師を頼むという選択肢

受験などの大きな目標がある、勉強に関して深刻な悩みがあるといった場合には、家庭教師から一歩進んで「プロ家庭教師」を付けてみるという選択肢があることを知っていると、目標達成や問題解決の糸口となるかもしれません。

やはり通常の家庭教師よりは価格の面で負担が大きいのですが、各所で大々的に掲げられているだけあって、それだけの意味のある存在です。

家庭教師は誰でもよいというわけではない

家庭教師は、「勉強を教えてくれる人なら誰でもいい」というわけではありませんよね。目的に合った家庭教師を選ばなければいけません。

例えば、中学受験をするお子さんに、中学受験経験のない大学生家庭教師を付けるのは賢明ではありません。また、お子さんと家庭教師との相性も大切です。

家庭教師を探すのは学習塾を探すよりも難しいものですが、お子さんの学習目的や苦手科目などの条件をよく考えて、それに見合った家庭教師を探さなければなりません。
ことプロ家庭教師に関しては、派遣会社とよく相談をすることで、きっとピッタリの先生と出会えるはずです。

家庭教師の情報はどこで手に入れればいいのか?

学校での勉強を補うためや、受験対策のために、「家庭教師」を利用されている方、またこれから利用してみようかなと検討されている方も多いと思います。

家庭教師は、学習塾のように自分で通う必要がなく、決まった曜日時間に先生が来てくれるので、子供の負担も軽くなるし、親御さんとしても安心です。

しかし、いざ家庭教師を探そうとしたとき、情報量の少なさに戸惑うことがあると思います。
学習塾であれば、街を歩いているだけで複数の看板が目に飛び込んできますし、近所の方やお友達からのクチコミ、大手学習塾なら参考書や問題集が出版されていたり、塾主催の模擬試験がオープンに開催されていたりして、特にアクションを起こさなくても自然と情報が入ってきますよね。

インターネットの情報とうまく付き合って情報収集を

一方、家庭教師というのは、どれだけ大手の家庭教師派遣会社であっても、学習塾のようにあちこちに建物があるわけではないですし、とにかく情報が少ないというのが現実です。

家庭教師を付けているという友達を偶然見つけて話を聞いてみても、「親戚の大学生にお願いした」とか、「人づてに紹介してもらった」などというケースも多く、あまり参考にならないことがあります。

では、家庭教師をどのように探せば良いかというと、今はとにかくインターネットがこれだけ普及していて、比較サイトなども充実しているので、まずは色々と検索をして、情報収集をしてみましょう。

家庭教師のメリットは先生が来てくれること

学校の勉強だけでは心もとなかったり、勉強の遅れを取り戻したい、受験に備えたいなどの理由で、学習塾や家庭教師、通信教育など、学校以外の学習環境を求める子が増えていますね。

その中で、「家庭教師」の良いところって、どんなことでしょうか?

家庭教師は、まず「通わなくても先生が家に来てくれる」というところが最大の魅力のひとつです。放課後の塾通いは、帰りが夜遅くなることも多く、何かと心配ですよね。

本人にとっても負担になりかねず、「通うだけで疲れてしまう」なんてことも起こり得ます。時間の融通もきくので、部活動や趣味との両立もしやすいです。

家庭教師はマンツーマン指導

また、家庭教師には「マンツーマンである」という強力なメリットがあります。学校や塾ではなかなか先生に質問ができないという子でも、家庭教師なら大丈夫。

何度でも繰り返し教えてもらうことができるし、「どこからわからなくなったのかがわからない」というような場合でも、家庭教師と二人三脚でじっくりさかのぼっていくことができますね。

決まったカリキュラムがないという点も魅力です。学習塾では、個別指導の塾などであっても、決まった教材を使い、一定のカリキュラムに沿って学習を進めていく場合が多いのですが、家庭教師の場合は教材から何からとにかく融通がききます。
市販の問題集を使うもよし、学校の勉強の予習復習をやるもよし、宿題をやるもよし。
どんな目的で、どんなカリキュラムで学習するのかという根本的な部分を、自由に決めることができます。

家庭教師を見つけるには、まずは専門業者へ

家庭教師は学習塾と比べるとなかなか見つけにくいものですが、家庭教師派遣会社を利用することで、お子さんにピッタリの家庭教師を見つけることができます。

家庭教師派遣会社のいいところは、まずお子さんの学習目的や希望の科目、志望校、曜日や時間など、様々な条件に沿った家庭教師をすぐに見つけられるということです。

自力でこちらの条件を満たす家庭教師を探すとなると、これが案外大変なもので、方々探しても結局見つけられなかったというケースも多いようですね。
派遣会社ならば、最初に諸条件を提示するだけで、あとはお任せすれば良いのです。

家庭教師派遣会社が持っている情報をうまく利用して

また、家庭教師派遣会社は、学習内容や受験に関する情報をたくさん持っているというメリットもあります。

家庭教師は学習塾と違い、さまざまなデータや情報が入手できないことを心配される方も多いのですが、派遣会社では学習塾同様に情報を持ち、独自に受験対策の学習カリキュラム等を持っていたりもします。
まさに、「家が塾になる」と考えていただいても差し支えないでしょう。

万が一相性が悪ければ、先生を変えてもらうことも・・・

万が一、お子さんと家庭教師の相性が合わなかった場合にも、派遣会社では家庭教師の変更に応じてくれるところがほとんどです。

先生との相性は、お子さんの成績に大きな影響を与える要素なので、軽視できません。個人的にお願いした家庭教師だと変更はなかなか難しいので、この点も大きな魅力と言えますね。

家庭教師の見つけ方

家庭教師を利用している方に話を聞いてみると、親戚や知人に家庭教師をお願いしているという方は多いですよね。

全く知らない方を派遣してもらうよりも確かに安心ですし、気軽に頼めて費用の面でも相談しやすいなどのメリットがあります。

ただ、もしお願いするのであれば、まずどんな目的で家庭教師を付けたいのかを考えて、本当にお子さんにピッタリの家庭教師であるかを判断してください。

中学受験など専門分野にはプロ家庭教師へ

私は大学生のとき人づてに小学校5年生のお子さんの家庭教師を頼まれたことがあります。しかしよく話を聞いてみると、家庭教師を付ける目的は中学受験対策とのこと。

私は中学受験の経験がありません。中学受験の問題は、学校で教わる内容がわかっていれば解けるとはいえ、解答法が独特なものがありますし、出題傾向なども経験のない私には全くわかりません。

さらにお恥ずかしい話ですが、「国語と算数を教えてほしい」と依頼されたものの、私は算数の方にあまり自信がなく、考えた末お断りさせていただきました。

やはり、家庭教師は、「その道のプロ」にお願いするに限ります。

受験経験があるかないか、専攻分野は得意科目は何かなどをよくリサーチして、ピッタリの家庭教師を見つけてください。

派遣会社にお願いをする際には、最初に色々相談した上で、条件にピッタリの家庭教師を派遣してくれますから、その点の心配は要りません。

プロ家庭教師とは、どんな家庭教師なのか

インターネットなどで家庭教師についての情報を集めていると、頻繁に「プロ家庭教師」という言葉が目に飛び込んで来ます。
「プロ家庭教師」とは、一体どのような家庭教師のことなのでしょうか?

プロ家庭教師の定義というのは、その言葉が使われている場所によって様々ですが、まず第一の前提として、学生家庭教師ではない、家庭教師業を本職としている家庭教師をプロ家庭教師と呼んでいます。

プロの定義は各家庭教師派遣会社でバラバラ

専業家庭教師=プロ家庭教師と呼ぶには少し弱い部分もあり、各派遣会社などで大々的に宣伝されている「プロ家庭教師」は、「プロ」という言葉の通り、その道に精通している家庭教師を指す場合が多いようです。

その道に精通したプロ家庭教師とは、科目はもちろん、受験などの目的ごとに、プロと呼ぶにふさわしい指導力を持った家庭教師を指します。

受験のプロ家庭教師ですと、志望校や学科別にプロフェッショナルがいて、綿密で的確な指導を受けられることが期待されます。

プロ家庭教師の魅力は確かな指導力

プロ家庭教師の魅力は、やはり経験や実績に基づく確かな指導力です。
もちろん学生家庭教師と比べると価格が高いというデメリットはありますが、難関校受験などの高い目標があったり、勉強嫌いの子を何とか勉強に目覚めさせたいなどの目的がある場合は、プロ家庭教師の指導力が心強いですね。

プロ家庭教師とは多くの場合、家庭教師業こそを本職としている専業家庭教師であり、かつ目的や科目ごとのプロフェッショナルである家庭教師を指します。

受験などの高い目標がある、勉強嫌いの子を勉強に目覚めさせたい、苦手な科目を克服したいなどの目的がある場合には、プロ家庭教師の指導力に頼ってみてはいかがでしょうか?

プロ家庭教師は、家庭教師派遣会社へ

プロ家庭教師をどうやって探すかということになると、これはもう家庭教師派遣会社を通じて探すのが最もスムーズであり確実です。

自力で「その道のプロ」を探し出すのは、不可能ではないでしょうが至難の業です。インターネットが使用できる方は、「プロ家庭教師」で検索をすればたくさん情報が出てきますし、派遣会社をいくつかピックアップして、直接問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

プロ家庭教師は必ずしも必要ではない?

しかし、「プロ家庭教師」という肩書きがなくても、大学生の家庭教師でも、目的に合ったスキルや知識を持っていて、お子さんと相性がよく、お子さんが楽しく勉強できて、目標に向かってステップアップしていける家庭教師であれば、それは「プロ家庭教師」にも匹敵する心強い家庭教師であるはずです。

家庭教師の魅力は、マンツーマンできめ細かい指導ができることですが、それゆえに家庭教師と生徒の相性は大切になってきます。

目標を達成するための指導スキルが全く持たない家庭教師では困りますが、そうでない場合は、「○○校を受験するならプロ家庭教師じゃなければダメなのかしら?」などと心配することはないと思います。

プロ家庭教師といえども、家庭教師であることにかわりない

「プロ家庭教師」という言葉の響きだけを聞くと、何となく厳格なイメージがありますよね。特に勉強が苦手だったり、勉強に対してあまり積極的でないお子さんの場合、「プロ家庭教師」よりも、親しみやすい学生の家庭教師の方が良いのではないかしら?と思う方もいるかもしれません。

しかし、プロ家庭教師の「指導力」というのは、難しい学習内容を指導できる力という意味だけではありません。

生徒にやる気を出させるプロ、勉強が嫌いな生徒を積極的にさせるプロでもあるので、かえって「プロ家庭教師」の方がお子さんが打ち解けやすく、やる気になるというケースも多々あります。

お子さんに合った家庭教師探しを

もちろん、プロ家庭教師ではない大学生の家庭教師ならではの良さもあります。

お子さんと年齢が近い分、やはり心を開きやすいということもあるでしょうし、現役の学生から色々な話を聞くことで、受験に対するモチベーションがあがる、という子もいるでしょう。親御さんにとっては、プロ家庭教師を呼ぶより費用が抑えられることも、大きなメリットの一つと言えます。

勉強というのは、たとえどんなに前向きに取り組んでいても、とても苦しく険しい道のりですよね。

勉強のストレスにさらされながら、それでも勉強をしなければならない子供たちには、学習指導と同時に精神的なサポートが重要になってきます。そんなとき、「プロ家庭教師」こそが、お子さんの肩の力を抜く鍵を握っていることもあるので、派遣会社とよく相談して検討されると良いと思います。